雪舟水墨画とは


画聖と呼ばれ、日本の水墨画の全盛期を築いたのが雪舟。

スポンサードリンク

雪舟は室町時代に活躍し、その構図美と独特の世界観で今でもみる人を魅了しています。

雪舟の水墨画は、現存する作品のうち、六点が国宝に指定されているのですが、雪舟以外の画家でそんなにたくさんの作品が国宝に指定されている人はいません。

雪舟は日本人で初めて、外国の切手に描かれた人物でもあるのです。

日本だけではなく、世界中に雪舟の水墨画のファンがいることが、このことを通してもわかりますよね。

雪舟はとても有名な人物なのにも関わらず、その生涯に謎が多い事でも知られています。

生きていた当時も有名人だったはずなのに、没年でさえ、明確ではないのです。

雪舟が中国(当時は明)に渡るまでの日本の水墨画家は、中国の水墨画家が描いたものを真似するという形で作品を描いていたそうです。
もちろん、中国の風景を見たことがない人達です。

スポンサードリンク

雪舟は中国に行く事で、実際に中国の風景をみて、それを描いたのです。

その絵には実際にみていなければ描けないような現実感と迫力があります。

日本に帰ってきてからも、雪舟は旅をしてみた日本の風景を描く事で、日本の水墨画の流れを変えていったのです。

1479年頃からは、周防(山口県の東南半)の雲谷庵(うんこくあん)というアトリエで制作活動をしていたと言われています。
しかし、これもはっきりとした記録は残っておらず、アトリエの正確な位置もわからないままなのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

牡丹水墨画とは
牡丹を題材とした水墨画は古くから人気があります。 中国では、牡丹は繁栄や富を象......
宮本武蔵水墨画とは
誰もが一度は耳にしたことのある名前、宮本武蔵。 彼は生涯無敗の剣豪として有名で......
水墨画描き方
ここでは水墨画の描き方についてお話していきたいと思います。 まず、小さなスケッ......
水墨画用品について
水墨画用品を購入するにあたってどんな事を気をつければいいのでしょうか? まずは......
中国水墨画について
中国水墨画は、日本の水墨画のルーツと言われています。 そして、日本だけではなく......

▲このページのトップへ