水墨画用品について


水墨画用品を購入するにあたってどんな事を気をつければいいのでしょうか?

スポンサードリンク

まずは、筆です。
技法や描く題材などに合わせてたくさんの種類があります。

初心者はどれを買っていいものか迷ってしまうでしょう。

では、どんなものがいいのでしょうか?

とりあえず、始めは長流筆の中で大、面相筆あたりが無難でしょう。

そこから、必要に応じて好みを筆を揃えていくといいと思います。

墨や硯は習字に使ったものでかまいませんが、墨汁は使えません。

習字用と墨と水墨画用の墨は違うものであり、水墨画用の墨の方がにかわの量が多く、青系黒の松煙墨と茶系黒の油煙墨があるのです。

同じ大きさの墨の場合、持った時に軽い方がいい墨です。

硯の良し悪しは、初心者には判断が難しいので、新たに購入する場合には、シンプルな形の物がいいでしょう。

スポンサードリンク

大体、二千円~四千円くらいのものがいいと思います。

水墨画で使う紙には、麻紙(まし・あさがみ)、画仙紙(がせんし)などがあり、それぞれ特徴に応じて使い分けるようにしましょう。

麻紙は、粗い紙肌で画仙紙などに比べてにじみにくいのが特徴です。

画仙紙は、墨の吸収がよく、中国産の本画仙と日本産の和画仙があります。

水墨画の紙は産地や材料、製法などが違う紙がとても多いので、いろいろと試してみるといいと思います。

その上で、自分の描きたい題材に適した紙を使うようにするといいでしょう。

下敷きは、習字用のものでも充分使えますが、白いものの方が墨色がよくわかりやすいのでオススメです。

これらの水墨画用品の他には、水入れパレットのよに使用する白い小皿、紙を押さえておく文鎮の他に、ふきんもよく使います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

牡丹水墨画とは
牡丹を題材とした水墨画は古くから人気があります。 中国では、牡丹は繁栄や富を象......
宮本武蔵水墨画とは
誰もが一度は耳にしたことのある名前、宮本武蔵。 彼は生涯無敗の剣豪として有名で......
水墨画描き方
ここでは水墨画の描き方についてお話していきたいと思います。 まず、小さなスケッ......
雪舟水墨画とは
画聖と呼ばれ、日本の水墨画の全盛期を築いたのが雪舟。 雪舟は室町時代に活躍し、......
中国水墨画について
中国水墨画は、日本の水墨画のルーツと言われています。 そして、日本だけではなく......

▲このページのトップへ