水彩画描き方について


ここでは水彩画の描き方についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク


一体どうやったらいいの?

水彩画は筆に含ませる水分量と紙の上にのせる水分量で、色の付き方やにじみ方が変わるのが特徴です。

この変化をうまくコントロールして、自分の思うような表現を楽しむためには、とにかく、枚数を描いてコツを掴むことが大事なのです。


水彩画描き方の手順としては、次のようになります。

①鉛筆で薄く下書きを描く
②画面全体を湿らせてから、極力薄めに色を塗っていく
③陰になる部分から塗っていき、色を重ねて輪郭を描きます
④細部を描き込んで、濃い色を強調するように補強していきます


水彩画の描き方には、色々なやり方がありますので、上記で紹介したやり方はあくまでも一般的なやり方です。
自分の好みに合った水彩画の描き方が載っている本などを参考にされてもいいと思います。

スポンサードリンク

最初は、描きたいと思う水彩画が載った本のやり方をそのまま真似して、手本の通りに描いてみるのもいいかもしれません。


水彩画の主な技法としては次のようなものがあります。

○ウエット・オン・ウエット(たっぷりと湿らせた紙に充分に水を含ませた筆で描く)
○ドライ・オン・ウエット(たっぷりと湿らせた紙にしっかりと水気を切った筆で描く)
○ドライブラシ(乾いた紙に水気を充分に切った筆で描く)
○ふき取り画法(きれいに水気を切った筆で絵の具をふき取る)
○こすり取り画法(完全に乾いた絵の具を先の尖ったナイフなどを使ってこすり取る)
○ふき取り&重ね塗り(乾いた絵の具を水で濡らして拭き取り、乾かないうちに着色し、乾いたらまた拭き取って・・・を繰り返す)
○マスキング(絶対に色をつけたくない部分に、予めマスキングテープやマスキング液を塗っておく)

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファンタジック水彩画とは
今、女性に大人気なのがファンタジック水彩画です。 これは、お花をモチーフにした......
水彩画とは
水彩画とは、水彩絵の具で描いた絵のことを言います。 水彩絵の具というと、子供の......
水彩画画材について
ここでは水彩画画材についてお話していきたいと思います。 まず、初心者の方は、初......
水彩画教室の種類
趣味で水彩画を教室に通っている方もいるかと思います。 この水彩画教室の種類には......
水彩画風景の選び方
水彩画風景の選び方はどんなところに注意すべきなのでしょうか? ここでは、そうい......

▲このページのトップへ