水彩画画材について


ここでは水彩画画材についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

まず、初心者の方は、初めは安いもので必要最低限だけ揃えて、徐々に増やしていくのがいいでしょう。

水彩画には透明水彩絵の具を使うのが一般的のようです。

しかし、小学校の頃に使ったような不透明絵の具を組み合わせても、面白い絵が描けると思います。

最初は、12色くらいの水彩絵の具セットを購入し、少しずつ欲しい色を追加していくといいでしょう。

チューブに入った絵の具の他にも、固形になっている絵の具もあり、携帯に非常に便利です。

画筆は、軟毛でできた筆が適しています。
まずは、細目と太目の筆、平筆の三本くらいあるといいと思います。

でも、6号前後の丸筆一本でも描けますので、描きながら好みで増やしていくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

のめり込んでいくと、どんどん新しいものが欲しくなるものです。

描くときの用紙を変えるだけでも、絵に変化を出す事ができます。

細目、中目、荒目といろいろとありますが、230g以上の紙にすると、水分を含んでも反りにくいのでいいと思います。

繊細な絵を描きたい時には、細目の紙を使うといいでしょう。
また、大胆なタッチで描きたい時には、荒目の紙を使うと迫力満点です。

下書き用の鉛筆は、H~Bくらいの芯が柔らかい物を使い、消すときにも用紙を傷めないように、練りゴムを使う方がいいです。

筆洗いは、コップなどでも代用できます。

その他にも、油性のサインペンや古いタオル、ティッシュ、画台などもあると便利ですね。

試し塗り用の紙も用意しておくと、失敗なく自分の思い通りの色を載せることができますので便利です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ファンタジック水彩画とは
今、女性に大人気なのがファンタジック水彩画です。 これは、お花をモチーフにした......
水彩画とは
水彩画とは、水彩絵の具で描いた絵のことを言います。 水彩絵の具というと、子供の......
水彩画教室の種類
趣味で水彩画を教室に通っている方もいるかと思います。 この水彩画教室の種類には......
水彩画描き方について
ここでは水彩画の描き方についてお話していきたいと思います。 一体どうやったらい......
水彩画風景の選び方
水彩画風景の選び方はどんなところに注意すべきなのでしょうか? ここでは、そうい......

▲このページのトップへ